初音ライブレポート: Pop’n Rock♡Good afternoon! ~H with BAYBAND~

このエントリーをはてなブックマークに追加

popnrock1
6/27に渋谷REXで開催された初音さんのワンマンライブ「Pop’n Rock♡Good afternoon! ~H with BAYBAND~」に行ってきました。恒例のワンマンライブ「初音茶屋」を始め、アコースティックなスタイルが多い初音さんのライブでは初となる、バンドスタイルでのワンマンとなりました。
幅広い初音さんの作品の中には、元々ポップなテイストの曲も多いので、思った以上にロックバンド編成での演奏にぴったり。初音ライブでは珍しいオールスタンディングとなりましたが、観客のノリも上々で、今後の可能性を感じさせる画期的なステージだったと思います。

初音史上初となるバンドスタイルワンマン

今回のバンドワンマンは、初音さんが『夏の初音的2大イベント』と銘打っているもの。全国4都市を巡る「ヒトリラファーストツアー」と合わせて、初の試みを盛り込んだ意欲的な取り組みの一つです。

確かに初音さんと言えば、切ないバラードをアコースティックで聴かせる、癒し系の歌手というイメージが強く、ライブに足を運ぶファンの間でも、静かに音楽を楽しむタイプの人が多いのは事実でしょう。

しかし、そうした先入観は、多彩なバリエーションを持つ初音さんの世界観を狭めてしまう足枷にもなるし、ライブでのファンとの密なやり取りを通じて進化してきた新生・初音サウンドとは、少しずつズレが生じてきていることもまた事実なのです。

4月に発売された3rdアルバム「風は君の答えを待っている」で、これまでにないほどポップな要素が取り入れられているのも、そんな方向性を示唆したものかもしれません。長い音楽活動の中でも、初のバンドスタイルとなる今回の「Pop’n Rock」は、新しいファンの間口を広げ、また古くからのファンの意識を変える意味でも、意義のある試みだったと思います。

真夏の昼のロックンロール

そんな、ファンにとっても期待と不安が合わさったドキドキのステージだったのですが、いざ開演して会場に元気いっぱいのサウンドが轟くと、余計な感情はどこかへ吹き飛んでしまいます。

一発目は「負けないココロ」からスタート。そして定番の「ホントはね」へと続きました。初期の代表曲とも言える「ホントはね」ですが、バンドスタイルで演奏すると、こんなにも変わるのか?と思わせるほど、パワフルで勢いのある演奏に、観客もすっかり熱狂・・。

お昼から開始という珍しい時間帯のライブでしたが、それにふさわしい明るくポップなサウンドと演出で、休日の昼下がりにぴったりの、ノリのいいステージに仕上がっていたと思います。

過去のアルバム収録曲の中でも、「恋に出逢った夏」から「アカイ糸」へのメドレーや、「R347(ルートさんよんなな)」から「君が教えてくれたこと」への流れは、特にノリがよく、ギターサウンドとの相性がいいことが予想できただけに、今回のセレクトはファンにとっても万感の想いがあったのではないでしょうか?

「Pop’n Rock♡Good afternoon!」セットリスト

  • 負けないココロ
  • ホントはね
  • くつずれ
  • 君を想うと…
  • 恋に出逢った夏
  • アカイ糸
  • 旅立ちの風
  • ユメタビ列車
  • 風は君の答えを待っている
  • エスケープ
  • R347
  • 君が教えてくれたこと
  • A DAY
  • 毒りんごと○○
  • B.F.F
  • よかった(アンコール)

夏の思い出を感じさせる初恋ソング

一方で、ちょっと意外だったのが、「君を想うと…」や「エスケープ」など、あまりライブで聴く機会の少ないカップリングの選曲が多かったこと。

これらの楽曲は、アルバムに収録されていない、いわゆるB面だったりするだけに、どうしても触れる機会が少なくなってしまうのですが、改めてライブで聴くとバンドスタイルとの相性のよさに驚かされます。

逆に言えば、B面だからこそ、ポップなテイストが多かったのかもしれませんが、今回のアンコール曲となった「よかった」も含めて、甘酸っぱい恋心や、初々しい感情を描いた歌が多いのが特徴です。

どこか懐かしい雰囲気を感じさせる、ノスタルジックなギターサウンドは、今後もまたライブで聴いてみたいと思わせる、期待の残る名演奏でした。そんな、「君を想うと…」を含む初音さんの過去の楽曲は、今話題の音楽配信アプリ「AWA」でも聴くことができるので、ぜひ皆さんもチェックしてみてください。

※配信曲は異なりますが、初音さんの楽曲は同じく聴き放題タイプの音楽配信アプリ「LINE MUSIC」や「Apple Music」でも聴くことができます。

バンドだからこそ引き立つ『ガールズポップ』な魅力

個人的に嬉しかったのは、お気に入りの「くつずれ」を序盤で演奏してくれたこと・・。「くつずれ」や、3rdアルバムに収録されている「毒りんごと○○」は、初音さんの楽曲の中でも、曲調や歌い方が可愛らしく、特にポップな色彩が強い作品だと言えます。

女の子の内面をコミカルに歌い上げる、そのキュートな作品性は、ジャンル的にはロックというより、『ガールズポップ』とも言うべき部類に入ると思うのですが、そういった側面が全面に押し出されていたのも、今回のライブで印象的なポイントでした。

初音さんのそんな一面は、実際に日本のガールズポップ史上を振り返ってみても、かなり傑出した存在感を放っていると思うので、今後もこの手のライブなどでフィーチャーされることを、ぜひ期待したいところですね。

popnrock2

まとめ

最後に、今回セットリストを予想しながらも、これはちょっとやらないだろう、と思っていたのが、「旅立ちの風」と「風は君の答えを待っている」の2曲。

ゆったりとした静かな曲だけに、バンドスタイルでの演奏は難しいと思ったのですが、あえて今回セットリストに加えてきたところは、作り手としても挑戦的な試みだったのではないでしょうか?

そんなバラード系の楽曲も、いざステージで聴いてみると、見事にムーディーなギターサウンドに生まれ変わっているのだから、脱帽せざるを得ません。今回のメンバーでは初のワンマンという話でしたが、音作りに関してかなり綿密に取り組んでいたのではないでしょうか?

ぜひまた同じ「H with BAYBAND」のメンバーで、次回Pop’n Rockの第2弾を聴いてみたいと思わせる、充実のステージでした。特に、ベースやドラムが加わって深みが増した「風は君の答えを待っている」は、必聴の価値ありです。

ライブの後は「グッドナイトレディオ」でおやすみ

今回、会場限定で販売されていたオリジナルグッズが、こちらの「ポップンロックなフォトセット」と「グッドナイトレディオ」。

「グッドナイトレディオ」は、これまた初の試みだそうなのですが、ライブ限定の一夜限りのラジオ番組が収められたCDです。ラジオといえば、初音さんは毎週日曜にツイキャスで『ゆーりら』という生番組を配信しているのですが、今回の「グッドナイトレディオ」は、その限定バージョンというイメージなのでしょう。

popnrock3

実際、持ち帰って聴いてみると、昼間の熱いライブとは一転・・。打って変わって静かな音楽と、初音さんのまったりした語り口で癒されます。

そして、ここでしか聞けないライブの裏話や、夏のイベントに向けた初音さんの意気込みなどを聞くこともできるので、ライブに参加した人にとってはこの上ない素敵な『お土産』になったのではないでしょうか?

「Pop’n Rock」と合わせて、この「グッドナイトレディオ」も、反響次第では次回の企画もあり得るそうなので、初音さんの手作りラジオCDで癒されたい方は、ぜひ今後の動向をチェックしてみてください。

初音LIVE&イベントスケジュール

3rdアルバム「風は君の答えを待っている」の購入はこちらから
ミニアルバム「恋ノート1」の購入はこちらから

関連記事

関連リンク